ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →
インタビュー
カレンダーアイコン2018.02.17
岩手県花巻市のブランド豚、プラチナ級のウマさその名も”白金豚”

岩手県花巻市は岩手県のほぼ中央に位置し、西に奥羽山脈、東には北上高地の山並みが連なる肥沃な北上平野に位置し、四季折々の変化のある雄大な自然風景が広がるまちです。
童話作家宮沢賢治や萬鉄五郎などの世界的に知られる文化人を輩出し、文化的情緒もあふれるまちでもあります。

花巻市のブランド豚”白金豚”名前の由来は、花巻市出身の童話作家、宮沢賢治の作品「フランドン農学校の豚」の詩集の一節「触媒だ。白金と同じことなのだ。」を引用し名付けられました。
花巻市内には、”白金豚
”と書かれたのぼりが目に付くことからも、地元からも愛されたブランド豚であることを感じられ、今ではその人気は首都圏まで及び、料理店を中心に関東にも出荷をされています。白金豚は花巻の大地の恵み受け、生産者からも十分な愛情を注がれて飼育された白金豚は安全なだけでなく、他の豚肉とは違う”うまみ”は多方面から高い評価を受けています。

「白金豚(はっきんとん)」は高源精麦(たかげんせいばく)株式会社が、
昭和33年代から携わり飼育配合から出荷まで一貫体制で生産している豚肉です。
高源精麦(たかげんせいばく)とは、その名の通り元々は大麦の加工を行う会社でした。そんな中、3代目の高橋靖忠さんが38歳のとき、「おいしい豚肉を作りたい!」と思い、新しい豚肉開発を決意し、多くの品種の豚の組合せを試作を重ねる中で、開発を始めてから16年の歳月をかけて自身も社員も納得のいく”極上の豚”白金豚を作り上げました。


●品種:交配種がブランド豚の"命"
  
白金豚(LWB種):脂肪の美味しさと肉のうまみがしっかりとのった豚         
                
白金豚は混血種「LWB種」です。
 
LW(母豚)→ランドレースと大ヨークシャーの混血種
        特徴:大きくふくよかで脂肪の美味しい豚
 B (父豚)→バークシャー豚(黒豚)
        特徴:肉の繊維がきめ細やかで味がしっかりと乗った豚
お肉の繊維がきめ細かで柔らかくうまみを出すため、黒豚を50%にしています。

●えさ:絶妙に美味しい肉質を作る”えさの原材料と配合量”
遺伝子組み換えのエサ不使用。

白金豚に与えるエサは、約20年前から非遺伝子組み換え穀物を使用しています。
近年では可能な限り「地元花巻産」
もしくは国産の穀物(米・とうもろこし)を積極的に使用しています。エサの品質が上がると豚肉の風味・味が上がるといわれています。

 エサのバランスの配合にもこだわりることで白金豚の美味しい肉質作りに! 
 白金豚の主なえさ
 食べることでの肉質の特徴が「こう変わる!?」
 ・こめ    :スッキリ・しっとりとした肉質になる
 ・とうもろこし:脂肪になりやすい。うまみとコクがのっかる
 ・水     :奥羽山脈の地下水を釜石で採取した鉱石で濾過        
                         ミネラル豊富な極上のミネラルウオーターを飲ませる。

 →白金豚の新陳代謝が良くなり、”健康”に育つ

●育て方:通常の養豚より1カ月以上長い飼育期間は”うまさ”を上乗せするため!
「美味しい豚肉を食べて欲しいから!」との想いから、現代の効率を重視した育て方ではなく、真逆をいく非効率な育て方を重視。
「美味しい豚肉を作るには、”健康な豚”を育てることが大切。」そのためにも、豚のエサとなり肉質を作る飼料(米・とうもろこし)、飲み水には徹底したこだわりを持つ。
また、白金豚
はとても繊細なため豚舎の環境づくりを重要視して、山近くに場所を選ぶことで、飲み水の水質が良く、さらにはストレスを極力与えない落ち着いた環境となっています。
そんな環境で大事に育てられた、白金豚は年間約1万頭出荷されています。             

 →・飼育期間が長くなることで…。
  ・デメリット:エサ代など、コストが上昇

  ・メリット :時間をかけることで白金豚の肉においしさが脂身にしっかりとのる。
        
お肉を噛みしめた時に”じゅっわ”と肉本来のうま味が溢れだす。
  ※肉にうま味をのせるには、いかに“健康的に” 育てるかが重要

●高源精麦のこだわり
・豚の「生産(交配)~出荷まで一貫して管理!
高源精麦では商品を販売してお客様に食べてもらうまでという考えが浸透し、徹底的に商品までのクオリティーにこだわる。また、何か問題が起こった時に一貫して手掛けているので原因究明ができる。通常の養豚では、生産者が豚を出荷してしまえば終わりということが多く、白金豚はお客様に”いかに美味しく白金豚を食べてもらうか”まで考えて生産~商品開発まで行う。

●白金豚/ベーコンにで高橋誠(高源精麦社長)さんの想い

白金豚の肉本来のうまみがしっかりとのったあっさりとした脂身こそ食べて欲しい!
白金豚のベーコンについては白金豚はお肉が柔らかくて美味しいのはもちろんですが、脂身のジューシーさも魅力!。豚の脂は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす不飽和脂肪酸が多く含まれているといわれ、血液をさらさらにして動脈硬化の防止ににもつながると言われています。人によっては白金豚ベーコンは「脂身が多くていや」という声も多いが、あえて脂身を多くベーコンにする製法をとっている。なぜなら、白金豚の脂身は通常の豚の脂身とは違い“クセがなく、やさしく味わい”が特徴。白金豚ベーコンを食べて、今までのベーコンとの違いに”衝撃”を受けて欲しい!

岩手県花巻市には高源精麦の直営レストランポパイがあります。白金豚の美味しさを知り尽くしたシェフがハンバーグなどを提供しているファミリー向けレストランです。一度白金豚食べてファンになった方は、次は是非花巻市に訪れてみて下さい。
花巻市は県内唯一の花巻空港がありアクセスの良い場所です。また花巻市は宮沢賢治を感じられる文化的情緒を感じるまちでもあり、そしてグルメも白金豚だけではなく、お米、ぶどう、りんごなど絶品の農産物が揃っています。花巻の美味しいものを食べた後は花巻温泉に入り、日頃の疲れを癒しリフレッシュして行ってください。


レストラン ポパイ

住所   岩手県花巻市若葉町3丁目11-17
TEL   0198-23-4977
営業時間 11時~21時(火曜定休)

HP   http://popeye.meat.co.jp


◆白金豚を使った美味しいレシピ
●たっぷりジューシー白金豚ベーコンのカルボナーラ
 
材料(1人前)
・水(1.5L)
・塩(小さじ4)
・パスタ(90g)
・オリーブオイル(大さじ2)
・にんにくみじん切り(5g)
・ベーコンスライス(15g)
・卵(1個)
・粉チーズ(30g)
・黒コショウ(適量)

①フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、弱火で加熱。
 香りが出たらベーコンも加えてさらに加熱し、ベーコンがカリカリになったら
 火から下して冷ます。
②ボウルに卵、粉チーズと①の中身をすべて入れる。
③大きめの鍋に水と塩を入れ沸かす。
④パスタを指定の時間通りに茹でる。
⑤茹であがったら②の中にパスタを入れてかき混ぜる。コショウを適量かけて完成。

●寒ーい冬に食べたい厚切り白金豚ベーコンのポトフ
材料(2~3人前)
ベーコン    200g
人参            1本
じゃがいも     1個
玉ねぎ         1/2個
キャベツ      1/3個
ブロッコリー    100g
ニンニク        1片
パセリ        適量
コンソメ       2個
白ワイン     大さじ1杯
オリーブオイル  適量

①人参、じゃがいも、玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツを食べやすい大きさに切る。
②鍋にオリーブオイルをひき、ニンニク1片(細かく刻む)入れて
 ベーコン(厚切り)と玉ねぎを炒める。
③玉ねぎに火が通ると、人参、じゃがいも、水をたし、コンソメ、
 白ワインを加えて煮込む。
④火が通ったのちにブロッコリー、キャベツを入れる。
 ブロッコリー、キャベツに火が通ったら器に入れてパセリをうえにかけて完成

この記事に出てきた商品はこちら

岩手県花巻市

美味しさは“プラチナ級”!希少ブランド豚"白金豚"のバラエティセット!

【岩手県】 白金豚ベーコンスライス・ブロック(500g)

¥1,620(税込・送料別)

一覧に戻る

PAGETOP