ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →

果物王国の”山梨県”にある大房のぶどう狩り!

葡萄の生産量日本一の”山梨県”にある大房のぶどう狩り!
葡萄狩りの”旬”を迎えた山梨県笛吹市の「田中農園」の様子をご紹介!
山梨県笛吹市は”夏の桃”・”秋のぶどう”の生産が盛んな日本有数の果物の生産地。

※4月上旬にはピンクの絨毯のようにあたり一面に桃が咲き誇り桃源郷になる。 
 春には桃の花が笛吹市一宮町の一帯に咲き乱れピンク色に染まり幻想的な景色が広がる。

新宿駅から高速バスを使用すれば中央自動車道で約90分で山梨県笛吹市一宮町に到着!

この笛吹市は夏の桃狩り、秋の葡萄狩りを楽しむ人々で、全国から多くの観光客が訪れます。

夫婦が葡萄作り50余年の経験でつくる大房の葡萄!

※左から田中農園の園主田中征吉さん 奥様の田中朝子さん

笛吹市一宮町は澄んだ空気、笛吹川の清らかな水、豊肥な土壌の土地に恵まれています。
そして盆地の昼と夜の
気温差の大きい気候が葡萄の成長を促し、糖分を高めます。
この笛吹の地で祖父の頃から桃・葡萄を作り始め、親子3代家族経営でひっそりと
果樹園
を営むの田中さん達(田中農園)は暮らしています
田中園は果樹園ですがHPはありません。

※みずみずしく大房の果実は、まさに果物の宝石
 品種:右から、巨峰・シャインマスカット・信濃スマイル

しかし、田中さん達が育てる果物(桃・葡萄)の評判が現地を訪れた人の口コミで広がり、
百貨店・高級生花店・化粧品店の特典などに採用されてきました。
田中さんは、
お客様の「美味しい!」・「あまい!」の一声をきくために、
低農薬農法をすすめ、さらに美味しい・あまい葡萄を作ることを探求されています。


※田中農園のぶどう園からの景色
(6月)遠方の山に雪が残り、澄んだ空気に包まれる。

美味しくて、あまい果実を作るためには、”土壌を健康に!”
現在74歳の田中さんは、3代かけて作り上げた土壌を桃が美味しく育つために、
何よりも土壌を”健康”にしようと苦心されています。
長年改良して桃に合わせた土壌は、豚糞・腐葉土や米糠を混ぜ、
まるで絨毯のようなフワフワと驚くほどの柔らかさになります。

土壌が柔らかくなることで根伸びもよくなり、作物も良く育つようになるそうです。 
しかし、気候・温度・降水量も一つとして同じ年はなくどの土壌が良いのか、
その答えは「まだ見つかってない」と笑いながら一言。
田中さんは「やろうと思ったら、時間と手間さえ気にしなければどこまでもできる。
でも、成長に合わせて手入れする必要があるから時間との戦い」だと語ってくれました。

まだまだ衰えぬ探求心を持ち続けられています。

※葡萄の1房1房に施されるジベレリン作業(種抜き処理)

60年かけて蓄積した豊富な知識・経験、そして葡萄への愛情
編集部も毎年訪問して田中さん夫婦に話を聞かせて頂いています。
その中でも印象的な話として
編集部が「葡萄の栽培は何が大変ですかですか?」という質問に対して、
「果物は、年々消費者の嗜好が変わるから予測するのが難しい。
最近では”種無しで皮ごと食べられる品種”が好まれる。
消費者の動向を見ながら品種を選定するが、収穫できるまでは
5年~8年は必要。
収穫できない間も
枝の剪定・土壌の改良は必要」と言われていました。

そして、「正直人件費に換算したら、この価格で採算が合いますか!?」と尋ねると、
「みんなから、この葡萄美味しいねと言われることが本当に嬉しいの!
それに
3年~5年も育てると愛情が沸いてきて、何とか一人前の葡萄の木にしたいと、
まるで子供を立派に育てるように木に愛情をかけているよ。」と教えて頂きました。
その話を聞き、自分達はこの葡萄の美味しさを多くの人に伝える使命を感じました。

田中さん夫婦は70歳を超えても、なお美味しい葡萄作りをやめられることなく、
暑い時、寒い時に関わらず丁寧に一本一本桃への愛情を注がれています。

※葡萄の房切り作業。先端の房を切ることで成長を止め栄養をいきわたらせる。
 葡萄の作業は立ち作業が多く、とても重労働でした。


現地に行ってぶどうの食べ比べをしよう!!

葡萄の収穫時期の9月に田中園に到着するとあまーい芳香な葡萄の香りが漂ってきます。
どの実が完熟なのかしっかりと教えてもらいながら収穫していきましょう!
通常の市販の葡萄は完熟前に収穫・出荷されています。

現地では、藤稔(ふじみのり)・巨峰・シャインマスカットなどの品種を収穫できる。
人気品種は収穫が終わっていることもあるので事前に確認してください。

現地で収穫して食べる完熟葡萄はこれまで食べたことのないあまさと大きさ!
また、訪問した際には、現地で採れたて葡萄を食べ放題でご提供してくれます。
お土産用の完熟葡萄と現地での採れたての完熟葡萄を心おきなく満喫できます。

田中農園(果樹園 桃・葡萄)

山梨県笛吹市一宮町市之蔵280
13:00~16:00(営業時間)
訪問受付中♪
LJマルシェまでお気軽にお問合せください!

現地に葡萄狩りに行けない方には特別に!!

一つ一つの実を大きく育ててから収穫して完熟でお届けします!
葡萄の一番おいしい時期まで木で完熟させて実にあまさを蓄えます。
60年以上桃の栽培に捧げる田中さん夫婦が一つ一つ桃の状態を丁寧に
確かめて完熟葡萄だけを選別、収穫したその日にもぎたて葡萄を出荷。
食べ比べができる巨峰・シャインマスカット・信濃スマイルの3種セットと、
爽やかなあまさと香りの大房の
シャインマスカット(2房)は食べ応え十分。

※ご注意事項
 田中園は、お客様に最も美味しい時にお届けしたいという思いから、
 樹の上で完熟させ農家から直送する「樹なり完熟」で配達させて頂いております。
 品種のご指定はご遠慮をお願い致します。
 また、到着日時のご指定は生育・収穫状況によりご希望に添えない可能性もございます。
 ご了承のほどよろしくお願いします。


PAGETOP