ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →

散歩好き・路地裏好きは”必訪”! 独自文化が残る離島”答志島”を歩いてみた!

年々まちの開発が進む都会。
人が集まる華やかな文化を生み出す“都会”はいつの時代も魅力的。
でも実は今ひっそりとブームになっている場所が都会の喧騒から離れた“路地裏”。
路地裏の落ち着いた趣のある雰囲気はデートスポットとしても人気!
そして、路地裏ならではの“昭和”の香りが残る風景が若者の “インスタ映え”スポットとしても注目度が上昇中!!
そんな秘かな路地裏ブームと到来の中で、まだまだ知られていない「三重県鳥羽市答志島」の路地裏をロケーションジャパン編集部がご紹介!

迷路のような路地には独自の島文化が残る“答志島”
答志島は、鳥羽港からの定期フェリーで約20分で到着する人口が約2,500名 “離島”。

答志島へ向かう船ではカモメも歓迎(?)してくれる。

“答志島”の名前の由来のひとつに…。
冬至の頃、伊勢神宮の方角 から眺めると、その島から朝日が昇っているように見えるという。
やがてそこは「冬至の島」と呼ばれるようになり、いつしか「答志島」に変化した。
という、名付けに種々の説があり、既にパワースポット感満載の答志島。

伊勢湾を一望する答志島の小高い丘の上からは、天気が良ければ神々しい富士山が見えることも。

そんな、はるか昔の時代から、伝説と大自然の恵みを授かってきた答志島。
答志島の島内を歩けば、青い空と青い海が目の前に広がり、伊勢湾では漁船が行き交う。
都会からの喧騒から離れた神様の“パワースポット”でエネルギーが充電できること間違いなし!


まるで迷路のような独自文化に富んだ島! それが“答志島”!!
答志島では道路から脇道に入ると、ノスタルジーを感じる集落と迷路のような小道があらわれる。
どことなく昭和の香りを残した集落と迷路のような小道を歩き続けるとワクワクした冒険のような感覚に。

漁師が魚を持って帰って来た時に手早く捌けるようにと家の近くには水洗いの設備が。
そして、2mほどの家と家の間の路地は、迷路のように入り乱れているが必ず港に出れるようになっている。
但し、1か所だけ港に通じない行き止まりの場所があるので現地で探してみて!

答志島の路地裏の小道では、所々に昭和を感じさせる看板や風景が広がる。

答志島の家々付いている「まる八」マーク!?

島の家々に描かれた「マルハチ」のマーク

島を歩いていると気になるものと遭遇。
島の家々に描かれている、なんとも暗号のような「マルハチ」のマーク。

実は答志島では「マルハチ」のマークは魔除けのおまじない。
毎年1月に行われる八幡祭りの際に燃やした墨を持ち帰り、家の「まる八」描き替えるのが伝統となっている。


島でただ一つの豆腐屋さんの豆乳は絶品。
小道を入っていくと答志島でただ一つの豆腐屋さんの山下さん夫婦2人で経営する山下豆腐店を発見。
1杯70円で作りたての自家製豆乳を飲むことができる!

答志島の路地裏の魅力を実際に訪れて雰囲気を味わって欲しい!

まだまだ、島内には“じんじろ車”と呼ばれる、島のおばあちゃんたちが魚を運ぶための荷車があったり。
港では競りや干物の風景、海女(あま)さんが今もサザエやアワビを素もぐりで捕ってる。
また答志島では、寝屋子(ねやこ)といった独自文化が伝承されている。
散歩や路地裏めぐりが好きな人は、答志島に訪れてじっくりと時間をかけて島の雰囲気を満喫して!
※寝屋子とは
 中学校を卒業した男子が、両親の揃った家の一部屋を借りて5~10人程度で寝泊りをさせてもらう制度。

古代朝廷でも認められた答志島の“海の幸”を満喫!!

路地裏めぐりをしてお腹が空いたら答志島で絶品“海の幸”を楽しみましょう。
もともと答志島は、御食国(みけつくに)と呼ばれる若狭、淡路、志摩の三つの国の中の1国。
古代から平安時代まで、皇室・朝廷に海産物を中心とした食料を貢いだとされている。

「同じ顔しとって、食べると答志島の魚は他の海の魚と美味しさがぜんぜん違うから」
「食べてみればわかる。答志島の 魚を食べ慣れると、他の魚は食べ られなくなるで」
答志島の漁師が、口々に魚についてアツく教えてくれた!

答志島では、鳥羽の海を代表する海の幸・伊勢エビも、豊富に水揚げされている。

さらにこれから答志島の魚介類は”旬”を迎える!!
桃のように瑞々しくプリっとした食感で濃厚なブランド牡蠣「桃こまち」

答志島の桃取地区では甘みが強く濃厚なプリっとした食感が人気の「桃こまち」の養殖がおこなれている。


「桃こまち」生産者のカネマン水産(株)の斎藤昌良さんより、
「鳥羽・答志島のブランド牡蠣「桃こまち」が、11月より出荷開始です!!
鳥羽の離島である答志島の桃取は潮の流れが速く栄養分がとっても豊富な海。
そんな桃取の海で育った「桃こまち」は1年牡蠣で桃のように瑞々しく、
プリっとしていて、甘みが強く濃厚です。丹精こめて育てた「桃こまち」を食べに来てください!」


答志島でブランド牡蠣「桃こまち」を食べることができるお店はココ!
●焼きカキ優漁水産
【住所】〒517-0003 三重県 鳥羽市桃取町93−4
【営業日】年内:11月中旬~12月24日、年明:1月6日~3月末予定
【電話】0599-37-3811
【注意事項】要予約、調味料・お酒の持込み自由

また、鰆(さわら)は「魚に春」と書くが、答志島では秋が旬。
答志島と菅島で水揚げされる鰆のうち、脂肪分が高いものをブランド化した「答志島トロ鰆」。
このトロ鰆も、全身がトロのように脂がのっている今が食べ時!!

答志島のトロ鰆と近海で取れたハマチの刺身。ビールとよく合う!

答志島のといえば江戸時代に創業した名店”浜予本店”
”浜予本店”の代名詞の牡蠣佃煮は、生から炊き上げて牡蠣のうまみ凝縮!
浜与秘伝の特製タレを使用し、牡蠣を生から炊き上げてふっくらやわらかく牡蠣の旨味が凝縮!
ふっくらと柔らかい美味しい牡蠣の佃煮は生の牡蠣が苦手な方美味しく食べれると評判!

答志島にある、浜予本店の1号店。

今回は伊勢駅前にある、「浜予本店」伊勢神宮外宮店に訪問!
伊勢神宮外宮店は売り場だけでなく、店内レストランで食事もできる!
浜予本店がの人気NO1商品の「牡蠣佃煮」と、伊勢湾の海の幸”釜揚しらす一番だし”を独自製法で濃縮、「ちりめんだし」のだし汁で食べるお茶漬けは絶品!その他にも、店内レストランで人気の採れたて新鮮な「生しらす丼」、新鮮しらすをアツアツのかき揚げに天つゆをかけた「しらすかき揚げ丼」が食べられる。


伊勢神宮外宮を参拝後に伊勢神宮外宮前店で一休み。


ちりめんでとるダシ汁と牡蠣の旨味があわさる逸品


店舗では「かきのアヒージョ」「かきの甘辛煮」や「ちりめん」の商品が販売されている。

答志島の路地裏では、島の文化、風俗、人の暮らしを間近に感じることができる。
そして、都会では感じることのできない、ゆったりとした古き良き時代の香り。
これから、グルメも”旬”を迎える答志島の路地裏散策でリフレッシュしてみてはいかが!?
※路地裏散策の際には答志島の地元の方々へのマナーを配慮して散策を楽しんで下さい。

  • 三重県鳥羽市 

    三重県鳥羽市 答志島浜与本店
    /お客様にできる限り新鮮・できたての商品をお届けできるよう、配送までに5営業日ほどお時間をいただいております。

    鳥羽産ぷりぷり牡蠣を堪能♪ ビールがおいしい季節に絶品おつまみ!

    【三重県】 鳥羽産牡蠣のおつまみ2瓶セット(130g~)

    1,790円 (税込・送料別)

    鳥羽産ぷりぷり牡蠣を堪能♪ ビールがおいしい季節に絶品おつまみ!

    詳細はこちら


PAGETOP