ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →

神奈川県綾瀬市で幻の白いとうもろこしの栽培を開始!

■名物グルメの”とうもろこし”で新しい取組開始!
神奈川県綾瀬市の農園といえば地元の名物農園にもなっている「旬菜 みのりファーム」。
みのりファームの園主比留川さんは、綾瀬市のまちおこしを目的にロケ誘致・受入れ対応する「あやせ市ブタッコリ〜ロケ隊(通称ブタロケ隊)」のリーダーも務めています。
農園の「みのりファーム」では、美味しい綾瀬市産野菜を栽培して綾瀬市のPRを日々活動中!
特に、比留川さんが作る「とうもろこし」は関東近郊の人々が綾瀬市まで購入しに来るほど大人気!「毎年新しいことに挑戦!」の比留川さんが、今年は“幻の白いとうもろこし”に挑戦します!


■“幻の白いとうもろこし”はスイカ、メロンよりもあまい!?
とうもろこしといえば、夏に旬を迎え黄色く輝いているイメージが強いですね。
今回、比留川さんが栽培に挑戦するとうもろこしは真っ白な実をつけるとうもろこし。
白く純白なとうもろこしは、甘味が強く皮が薄くみずみずしいのが特徴。
そして、白いとうもろこしの甘味は平均糖度が15度で高いものでは19度にもなります。

同じ夏野菜のスイカ(14度)・メロン(15度)より甘く上品な味わい。(写真はイメージです)

一方で、白いとうもろこしは栽培に手間がかかり、栽培農家が少ないのも現状です。
その理由は、露地栽培の場合は黄色いとうもろこしの花粉が混ざらないように300m程度の間隔をあけたうえで栽培が必要となります。特に、関東近郊では広大な農地を用意することが難しく、ビニールハウスなどの施設を用意する必要があります。その為、市場に出回ることも少なくまた数量に限りがあるがゆえに「幻のとうもろこし」とも呼ばれています。

色いとうもろこしの花粉が混ざると、まだら模様になってします。

■一度は食べてみたい!とうもろこしの“ホワイトショコラ”
白いとうもろこしの品種はこれまで「ピュアホワイト」という品種が市場に流通してきました。
今回、比留川さんが栽培する白いとうもろこしの品種は「ホワイトショコラ」。
大きさ、甘さともにピュアホワイトを上回り、平均糖度17度でまっしろな粒と甘さが特徴。
生で食べれば爽やか、加熱すれ濃厚な甘さで、スイーツのような甘さのとうもろこし。

比留川さんが一粒一粒愛情をこめて種を植えていきます。

■みのりファームのこだわりポイント!
今回、みのりファームでは、「白いとうもろこし」が「黄色のとうもろこし」と受粉しないように隔離した、ビニールハウスで栽培を行います。ビニールハウスでの栽培のため数量は限定的になってしまいますが、室内のため気温が高く成長が早く通常よりも一足早い5月の中旬頃から“幻の白いとうもろこし”を味わうことができます!


(1)朝一番に収穫したとうもろこし!
とうもろこしは夜に実に糖分(デンプン)や水分を実に蓄えています。
そのため、朝採り直後が一番糖度が高く美味しくなっています。


(2)1株に1房に厳選したとうもろこし!

とうもろこしは1株に2〜3房ができるが、実入りを良くするために1株に一番大きくなる株の最上部の1房(1番果)だけ残して摘果。通常は2番果まで収穫することもできますが美味しさと実入りが少ない可能性が高くなります。この1番果にこだわり、美味しさ(糖度)を十分に引き出す努力を比留川さん手間を惜しんで行っています。


(3)朝とったその日に食卓へ!(※関東圏限定)
とうもろこしは収穫後、時間が経つごとに糖度がどんどん落ちていきます。
そのため、みのりファームでは朝一番に収穫して、すぐに箱詰めして出荷します。
なんと、関東圏であれば朝収穫したとうもろこしがその日に届きます!
また、配送はクール便で行われ、できる限り採れたての鮮度を保ち食卓にお届けします。

実がパンパンに詰まったみのりファームのとうもろこしは大人気!

■“子供や孫が綾瀬市を誇れるまちに!“と比留川さんの想い

比留川さんは、「ロケ誘致でイケメン俳優が沢山あつまる“ロケのまち綾瀬市”と、美味しい野菜やご当地グルメで“グルメのまち綾瀬市”として“綾瀬市”を一人でも多くの人に知ってほしい!」と日々野菜づくりとロケ誘致による綾瀬市PRにのために情熱を注がれています。
そして最近では、綾瀬市の知名度も徐々に上がり、次は「綾瀬市でしかできない体験を!」と、2020年に開通する綾瀬スマートIC(仮)とあわせて、”綾瀬市のロケ地に来て、グルメを食べて、学べる”おもてなしを企画されています。
「みのりファームでは、都心から車で1時間の距離で、都会のアスファルトでは感じられない土の感触、自分が育てた野菜の収穫など、様々な体験を通じて”人”として成長する場となって欲しいと思っている」と教えて頂きました。


現在、みのりふぁーむでは
 ・しいたけのオーナー制度(2年後に収穫)
 ・道具不要の体験型農園
 ・農園で収穫した自家製のピザづくり・BBQ など募集中!
使ったBBQやピザ作りなどのイベントも開催予定。
渋谷から車で60分!ロケとグルメのまち綾瀬へ是非一度お越しください♪


大人気の比留川さんが管理する「しいたけのオーナー制度」

●旬菜みのりファーム
神奈川県綾瀬市大上9-9-9
相鉄線さがみの駅下車 徒歩12分
体験農園受付中♪
■比留川実さんご連絡先
 電 話:090-4437-3891
 メール:ii050069-1546@tbk.t-com.ne.jp


■ロケとグルメのまち神奈川県綾瀬市とは!?

専用のキッチンカーがロケ受入れ時と、「とんすきメンチ」のPRと日々活躍中!

ロケ誘致でまちおこしを行いイケメン俳優が多数ロケに訪れていることから、「イケメンが集まるまち」がキャッチフレーズの神奈川県綾瀬市。

ロケ誘致も順調で軌道に乗り次の目標として、実際にロケが行われた場所に訪れてもらい、そしてついでに市のご当地グルメや人気のお店で食事を楽しめる、「ロケとグルメのまち」としてのPRを強化中。特産品の高座豚を使用したご当地グルメの「あやせとんすきメンチ」、北海道からも出荷の要望があるブランドとうもろこしの「あやせコーン」とグルメのまちとしての魅力も上昇中!


PAGETOP