ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →

年末年始にはゲン担ぎで”ガンバ”を食って”ふく”を招きに島原市へ!

寒い日が続き、こたつが恋しい季節となりました。
こたつに入ってみかんを食べて冬を過ごしていると、年の瀬の雰囲気もいよいよ濃くなってきますね。こたつの中で今年は、あんなこと・こんなことを”ガンバ”ッた、来年は”いい年にしたいな!”と思っているアナタへご案内!

年末年始の休みを利用して、少し外に足を延ばして美味しい海の幸でゲン担ぎのグルメツアー堪能するのはいかがでしょうか?長崎県島原市では、河豚(ふく)のことを昔から「ガンバ」と呼んでいます。

ふぐは「ふく」とも呼ばれ縁起の良い食べ物。

そして
島原市では昔から「島原の庶民は、ガンバとタコで育った」と言われるほど大漁の地で庶民の生活にガンバの料理が浸透しています。今回はそんな島原市のちょっと贅沢な”がんば(ふぐ)料理”をご紹介いたします。


ウマさへの欲求は限界を超える”がんば(とらふぐ)”の由来とは!?
島原地方の方言では、河豚(ふぐ)のことを総称して「ガンバ」と呼びます。 語源は諸説ありますが、あまりに美味しいので、命と引き換えに「龕(読み方:がん 棺のこと)桶を用意しても食べたい」(龕ば→ガンバ)との切なる思いを代弁したもの、との説が一般的です。「トラフグ」は型も大きく、今では高級魚の代名詞となっていますが、島原では昔から庶民の味として親しまれてきた。「ガンバ」料理は秋(彼岸)から春(彼岸)にかけてが旬です。最近では島原市漁協で、トラフグの陸上養殖を行っています。

有明海に面した島原市では「ガンバ」が地元の人の食に浸透している。

がんばの湯引き
「湯引き」は、ガンバ料理の代表格。サッと湯通しして、氷水で身を引き締めたもの。タレはダイダイ酢(なければポン酢)。薬味には地元で「フクシュ」と呼ばれるニンニクの茎のほか、梅干、ネギ、モミジおろしなどを使用。 皿の絵柄が透けて見えるような「薄造り」の上品さはありませんが、大胆に調理して食らう「ガンバの湯引き」は、まさに島原ならではの醍醐味です。

1口目は薬味なしでガンバの淡白な味わいと堪能し、2口目は薬味と合わせてガンバの旨味をさらに引き出す。

がんばのガネ炊き
ガンバを調理し残った骨をガネ炊きにします。通常の煮魚と異なり、『乾煎り』にするのがポイント。その際に出るアブクがまるで蟹のようなことから『ガネ炊き』と呼ばれています。から煎りしたガンバの肉厚の身を、醤油、酒、みりんに加え梅干しとニンニクで煮込んだ料理です。梅干しの酸味とニンニクの香りがお酒とよく合います。

ガンバの淡白な身の中に素材と調味料の味が染み渡りお酒と合わせれば絶品

他にも、ガンバを唐揚げにしたりと島原市では「ガンバ」が庶民の食生活に溶け込んでいます。年末年始にはゲン担ぎで”ガンバ”
を食べて”福(ふく)”を招くのも良いですね!

鶏のから揚げのような豪快に盛り付けられたガンバのから揚げ

島原市で「ガンバ」を頂いたお店はコチラ
店名  恒 本店 
住所  長崎県島原市今川町1300-1
電話  0957-64-1888
営業  月~日 17:30~24:00
定休日 不定休


恒では、美味しい雲仙ハムや焼き鳥も食べられます!


島原市ではロケ・撮影の受入れをおもてなしの心で対応中!

島原市は長崎県にある島原半島の東端の豊かな自然が広がるまちです。島原は古くから湧き水が豊富で、江戸時代には「水の都」と呼ばれていました。ご当地グルメ「かんざらし」を取り扱った長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」(出演 貫地谷しほり、遠藤憲一、長濱ねる、樫山文枝)の舞台にもなっているまちです。最近では映画・ドラマのロケ地としての受入れも積極的にすすめており、島原鉄道、湧水などの水路、武家屋敷、有明海、火山と島原市でしか撮影できないロケーションをご紹介中。

島原市役所 
産業部しまばら観光おもてなし課
長崎県島原市上の町537
電話番号
0957-62-8019


PAGETOP