ジャンル

今月のイチオシ

500ポイント進呈

LJマルシェ編集部が行く

TOP > LJマルシェブログ

LOCATION JAPAN

LJマルシェがゆく!! 現地リポート

地域の旬を先取り

新規会員登録で500ポイント進呈

最新の情報をお届け LJ Marche on twitter

LJ Marche facebook

LOCATION JAPAN.net

株式会社地域活性プランニング

ロケなび!

LJマルシェブログ

← 前の記事 次の記事 →
インタビュー
カレンダーアイコン2015.02.10
ふるさと応援隊長・新潟県代表は、小林幸子さん! LJマルシェ編集部が突撃!


LJマルシェ編集部がゆく!【新潟県×からむし麺】編

全国のふるさとグルメをとおして、地域をもっともっと身近に感じてほしい!日本中を取材する私たち「LJマルシェ編集部」が、地元・新潟県をこよなく愛する歌謡界の大御所 小林幸子さんに突撃!”ふるさとの魅力”について語っていただきました!


素材がどれも一級品! 故郷のよさを日々実感

「新潟の人は、雪深いせいか、口下手な方が多いんですが、懐に入り込むと親戚以上に付き合ってくれるあったかい人がたくさんいます」と語るのは、
2013年に芸能生活50周年を迎え、昨年、初の日本武道館公演を開催し大成功をおさめた小林幸子さん。

地方公演で全国各地を回るなか、生まれ故郷である新潟県のよさをあらためて感じるそう。
自身の曲にも「雪椿」という歌があるように、花もきれいで四季がはっきりしているところも新潟の魅力だという。

「東京に来て初めて食べたご飯の味に“えっ!?”って思いました(笑)。当たり前のようにコシヒカリを食べていたので、おいしいものを食べるには、地元の人がつくったものを食べれば間違いないですね」
なかでも、「新潟の食用菊の“かきのもと”はおすすめ。サラダ感覚でたくさん食べちゃう」とイチ押し!
その他にも山古志のかぐら南蛮味噌や加茂のル・レクチェ(洋梨)などもおすすめだとか。なんと、自分の木まで持っているというから驚き。

~ふるさとグルメ・からむし麺を実食!~


「まずは、何もつけずに香りを楽しみます!」

また、今回の実食・ふるさとグルメである「からむし麺」について
「へぎ蕎麦とは違った新しい麺が新潟に誕生したことがうれしいですね。麺が本当に大好きで…めん食いなんです(笑)」とチャーミングな笑顔で話してくださいました!

「香りもよく、歯ごたえもあっていいですね!
まず、何もつけないで食べて、次に塩を少しつけて食べて。
最後には、だしをつけて食べちゃいました!」と大絶賛。
実は相当な麺好きだという小林さん。
薬味いらずの3ステップで味わうとは、からむし麺の食べ方もプロフェッショナル!











   

ふるさと・新潟県をずっと応援しています!



(写真左)
新潟中越地震の復興支援のため、長岡市山古志地区に2006年から自身の田んぼ「小林幸子田(でん)」で、地元の皆さんと「幸子米」を育てているそう!

(写真下)
「被災地を元気づけたい!」と中越地震から10年経った昨年10月に、山古志体育館でライブを開催。







~新潟県・十日町の新名物“からむし麺”とは?~

ほうれん草57倍のカルシウム!
薬味いらずで簡単・ヘルシー!
からむし麺1把200gには、無農薬栽培「からむし生葉」35枚(50g)を粉末にして小麦粉に練りこまれています。
栄養満点の「からむし」は、イラクサ科の多年生植物。衣類、紙、さらには漁網にまで利用できるため、なんと6000年前から栽培されてきたとか!
日本書記にも登場し、中世において越後は日本一のからむし産地だったそう。
そのからむし、実は栄養価がものすごいんです!
カルシウムはほうれん草の57倍、ビタミンB2は5倍、βカロテンは4倍、カリウム&ビタミンB1は2倍…と驚きの数値!
さらに、海外でもからむし麺人気が上昇中。麺の本場、香港・シンガポールでは、昨年末、観光庁主催の「世界に誇る究極のお土産フォーラム」の代表商品として選ばれました。
のどごしつるっと、冷たく冷やしても、この時期は温かいうどんにしても、お鍋にも合いますよ!
一度食べたら忘れられないおいしさです♪














一覧に戻る

PAGETOP